免疫療法で健康体にする【悪性ウイルス撃退部隊】

hospital

特徴と注意点

doctor

咽頭がんは鼻の奥から食道の入り口の付近にできるがんのことでタバコを吸わなければほとんどならない癌の一つです。症状は場所によって様々で、声帯の周りにできたものに関しては比較的早い段階で見つけることが可能です。

Read More

副作用がないガンの治療法

doctor

人間の身体には自然発生的にガン細胞が生まれています。それがガン化しないのは人間が持っている免疫力があるからです。免疫力が弱まると、ガンが発症しやすくなります。免疫細胞治療というのは免疫力を高めるために行われます。最近は外科手術や放射線治療と組み合わせて治療しており、効果を上げています。

Read More

傾向と治療の成功率

看護師

胆のうがんの傾向としては、発症年齢は中高年に多く、自覚症状がないまま進行している場合が多いです。また、胆石の合併率も高いです。患者の60%は胆石を持っています。胆のうがんの治療の成功率は早期発見を除けば極めて低いものです。

Read More

体内の能力を活用した治療

体を守る主な仕組み

doctor

現在ではガンをはじめとした、依然として治療の難しい面が挙げられる病気に対して、新しい治療法が研究開発されています。そして現代、注目が集まっている方法の1つに免疫療法が挙げられます。免疫療法とは人間の体に元々備わっている免疫機能を活用・増強させ、ウイルスやガン細胞への対抗能力を上げる事を図った療法とされています。そもそも免疫機能とは、体内の正常な細胞を自己、それ以外の異物や異常な細胞を非自己と見なし、非自己を撃退する機能となっています。非自己を特定・攻撃するために免疫機能の中でも役割が異なる細胞がそれぞれ、攻撃対象(抗原)の情報や目印の把握、抗原を除去する役割を持つ抗体の生成、実際に抗原への攻撃を行う、等の役割を果たします。それによって、非自己となった抗原の撃退が行われる仕組みとされています。

新しい方法への利点と期待

免疫療法ではこれら免疫細胞群の役割ごとの働きを活性化させ、非自己への撃退能力を高める目的が挙げられています。こうした仕組みを持つ免疫療法ではまず最大の利点として、副作用の確率が少ない点が挙げられます。元々自らの体内で活動する細胞群を使って対処するため、拒絶反応やアレルギーなどの後遺症へと繋がる確率も抑える事が可能となっています。そして治療の柔軟性が持たせやすいとされる点も、利点の1つに挙げられます。病気によっては1度、撃退が成功した場合でも、時間経過によって再発するケースも起こり得ます。免疫療法ではそうした術後経過の観察や追加対処がしやすくなるとされています。また薬剤などを使った他の治療法と併用する場合でも、互いの効果を妨害する確率を抑える事ができるともされています。