免疫療法で健康体にする【悪性ウイルス撃退部隊】

hospital

副作用がないガンの治療法

免疫力を高めてガンを退治

doctor

ガンの治療で最近注目されているのが免疫細胞治療です。これは人間がもともと持っている免疫力を高めることによって、ガン細胞をやっつけてしまうのです。人の身体には1日に数千個のガン細胞が自然に生まれているのです。誰でもガンになる要素を持っていることになります。健康な時には免疫力によってガン細胞をやっつけることができるので、ガンにならずにすんでいるのです。ところが疲労やストレスや加齢によって免疫力は減ってきます。そうなると自然発生するガン細胞が体内に増殖してガン化してしまうのです。だから免疫力というのは非常に大事なのです。この免疫力を支えているのが、血液中に含まれている免疫細胞です。この免疫細胞を活性化させるのが免疫細胞治療です。

免疫細胞を増やす治療法

ガンの治療法には外科手術、放射線治療、化学療法があります。今まではこの3つを組み合わせてガンの治療を行ってきたのです。ところが放射線治療や化学療法には副作用があるので、ガンを退治しても副作用で身体の方が弱ってしまうのです。これを打ち破ったのが免疫細胞治療です。この治療法には副作用がないのです。そのため最近は免疫細胞治療に人気が集まり、治療を希望するガン患者が増えているのです。具体的にどのような治療をするかというと、患者の免疫細胞を取り出して快適な環境で育て、それを元の身体に戻すという方法です。患者自身の免疫細胞なので副作用がないわけです。この免疫細胞治療の効果を認め、最近は他の3つの治療法と併用することで治療効果をあげています。