免疫療法で健康体にする【悪性ウイルス撃退部隊】

hospital

傾向と治療の成功率

看護師

中高年の人たちがもっとも気にしている病気のひとつが、胆のうがんです。これは比較的年齢が高い人に現れることが多いので、注意を払っている人が多いのです。そこで、おこでは胆のうがんの傾向について書いていきます。胆のうがんはの発症年齢は60歳から70歳が多いです。また、他の内臓に転移しやすいという特徴をもっているので、合併症を引き起こすことが多いです。何の合併症かというと、胆石です。胆のうがん患者の約6割程度は胆石を持っています。そのため、胆石を取り除くための手術をしているときに、胆のうがんが発症していることが発見されることもよくあることです。この場合は早期発見であることが多く、単純胆のうがん摘出手術で治ることが多いです。

胆のうがんには早期発見かそうでないかで、治療の成功率というものが大きく変わってきます。前の段落で説明したとおり、胆石を除去しているときに胆のうがんが発見されたときは早期発見であることが多く、治療の成功率は極めて高いです。胆のうがんのみを摘出する手術を行えばすぐに治る可能性が高いです。一方、自覚症状があって病院で発見された場合は、早期発見ではなく、すでにかなり進行している場合が多いです。その場合は、手術をしても完全な治療ができない場合があり、その確率は70%から80%です。手術に踏み切ることができる確率は全体の約20%から30%程度です。しかし、手術ができるといっても手術自体が非常に体への大きな負担になります。他の部位に多く転移していればなおさらです。