免疫療法で健康体にする【悪性ウイルス撃退部隊】

hospital

特徴と注意点

doctor

咽頭がんとは体の中にできる様々ながんのうち、鼻の奥から食道の入り口あたりにできるがんのことを指します。咽頭がんはさらに出来る部分によって上咽頭癌・中咽頭癌・下咽頭がんの三種類に分けられます。日本での咽頭がんになる確率は現在のところ10万人におよそ3人ほどで、このがんになってしまう確率は低いといえます。しかしながら、お酒やたばこを常用する人は発症する確率が高いので、定期的な検査を受けることが大切です。特に咽頭がんの患者さんのうちでタバコを吸っていたという人は全体の97パーセント近くととても高い確率を示しているため、このがんはタバコさえ吸わなければほとんど発症することのないがんの一つであるといえます。

咽頭がんは様々ながんの中でも比較的早い段階で症状が現れるため、早い段階で見つけることが可能ながんです。がんの治療で最も大切なのは何よりも早期発見なので、以下の症状が続いているような人は早めに診察を受けるようにしましょう。咽頭がんは出来る場所によって症状が異なります。声帯の上のほうにできる声帯上がんではのどの違和感や痛み、または血の混じった痰が出るなどの症状が現れます。声帯にできた声門がんでは声のかすれなどの症状が現れます。声帯より下にできる声門したがんでは空気の通り道の期間に近い部分のため、息苦しいというような症状が現れます。声帯の周辺にできるがんは比較的早い段階で症状が現れるのですが、咽頭や声帯の下にできた場合は症状がなかなか現れにくいです。